fix_telpagetop

Pomme de Terreについて

山形県鶴岡市にあるビストロ「Pomme de Terre(ポム ド テール)」。
フランス語で“じゃがいも”を意味する“Pomme de Terre”を店名にした当店では、繊細なフレンチの技術を活かしながらも、親しみがわく家庭的な「鶴岡・庄内の郷土風」フランス料理をご提供いたします。
扱う食材のほとんどの産地である庄内地方は、まさに食材の宝庫。
日本海沿岸に広がっているため海の幸はもちろん、山の幸も豊富で、新鮮なものが揃っていることが特徴です。
また、鶴岡市は「ユネスコ食文化創造都市」に認定されているほど食文化が発達し、四季折々の旬の味覚を味わえることも魅力の一つ。
そんな地の利に恵まれた当店で、地元の食材をふんだんに盛り込んだフランス料理をどうぞご堪能ください。

地産地消を大切に
お肉

上質なお肉

庄内地方の食材をふんだんに使用している当店では、
お肉も地域のものを取り入れています。
例えば平田牧場さんで飼育されるプレミアムポーク「金華豚」。
優れた肉質と繊細かつ甘みのある味わいが愉しめます。

meat野菜

瑞々しい野菜

じゃがいも「はるか」をはじめとした野菜の数々を、
鶴岡市にある月山高原の野菜農場 叶野さんから直送してもらっています。
他にも西洋野菜を栽培している農家さんから直送で仕入れたものなど、
素材の旨味が詰まった新鮮なものを扱っています。

鱈

旬の魚介

日本海沿岸にある庄内地方だからこそ獲れる
鮮度の良い魚介を豊富にご用意。
冬には、「寒鱈汁(どんがら汁)」がこの地方の
郷土料理を代表するように、鱈が有名です。
そんな季節毎に厳選した旬の魚介を、
美味しい一皿に仕上げてご提供します。

「ユネスコ食文化創造都市」認定の鶴岡市

「ユネスコ食文化創造都市」に日本で初めて認定された鶴岡市。豊富な在来作物や歴史に紐付いた食文化など、食と深くつながっていることが特徴です。
そんな鶴岡市の食文化を積極的に世界に発信することを目的に、市の派遣でシェフがスペインを訪れることもしばしば。スペインもまた、その土地の特産品を生かしたお料理が多く、バスク地方の鱈料理「ピルピル」など、鶴岡の食文化と似ているものが様々に存在します。
他にも、山形県で栽培されている酒造好適米の「出羽燦々(でわさんさん)」が、バレンシア地方で作られるパエリア用の米に近かったことから、庄内の食材を使ってパエリアを限定メニューとして出すこともあります。「フランス料理」という枠にとらわれずに、「食文化」としての“郷土風フランス料理”を目指しています。